研究テーマ

小規模自治体における「自律」と「協働」の地域づくり

研究概要

 

小規模自治体をめぐる政策的動向(自治体合併、地方交付税制度、道州制、定住自立圏構想、過疎対策、中山間地域等直接支払など)を分析し、小規模自治体の「自律」と他自治体(市町村・都道府県)との「連携」にとっての課題、方向性を明らかにする。

 

小規模自治体が直面している「地域づくり」の諸問題について、特定の自治体を対象とする実証的分析をおこない、他の多数の小規模自治体との比較検討を通じて、理論的、実践的解決方向を明らかにする。

 

自治体(議会・執行機関)と住民との「協働」に基づく地域づくりの面で、小規模自治体の可能性・長所・限界等について明らかにする。

 

以上のような研究に、大学内の研究者が共同して学際的に取り組むだけでなく、客員研究者が首長である小規模自治体や福島県長村会等と連携・協力して調査・研究に取り組む。とりわけ町村職員や住民との自由な意見・情報交換や、共同での現地調査などを重視し、研究の実証性と実践性の確保に心がける。